何かと考えることが多いバーベキューの企画

ファミリー

バーベキューを企画する際のポイント

ウーマン

バーベキューの幹事としての仕事

これからバーベキューを企画したいと思っている方は、幹事の重要性について認識しておいたほうが良いです。大変だと脅かしているわけではありません。しかし、幹事の段取りが悪いとせっかくのバーベキューが台無しになる可能性すら出てきます。逆に幹事がしっかりしていれば、そのバーベキューで株を上げることが出来るでしょう。幹事次第でバーベキューの楽しさが決まるといっても過言ではありません。とはいえ、初めての幹事で全てを完璧にこなすのは難しいですよね。住吉公園などでバーベキューを開催する場合、食材やコンロなどはバーベキュープランを提供している会社が用意してくれることがあります。はじめのうちはこのようなプランに頼るのが良いでしょう。

出欠確認

一番の問題は当日の出欠確認です。バーベキュープランなどを予約する場合、料金を人数で割るので、参加人数が予約よりも大分減ってしまったら、現場にいるメンバーでその料金を払わなければなりません。このようなことがないように、当日参加人数をしっかりと把握しておきましょう。出来ればお金を事前に徴収すると良いです。しかし、会社などで無ければ料金を事前に回収するというのは難しいかもしれません。そんなときは参加人数よりも少なめで予約しておきましょう。食材が少ない分には後でまた買い足す事もできます。野外イベントの場合は当日欠勤者が出る可能性が高いのでその辺まで考慮していたほうが良いです。

雨天時の判断

雨天時に決行するかどうかの判断は非常に難しいと思います。もちろん土砂降りの場合や風がかなりある場合は諦めたほうが無難です。しかし、バーベキュー会場が屋根付きであったり、タープが借りられるなら決行しても大丈夫かもしれません。昼以降の天気予報なども加味して判断しましょう。

みんなの交通手段を考える

バーベキューの開催地選びもとっても大事です。まず、開催地をあまり遠方にするのは避けましょう。遠くても車で1時間以内がいいです。気合を入れすぎて遠くの開催地を選んでしまうと、移動に時間がかかり、肝心のバーベキューの時間が少なくなってしまいます。みんなの意見を聞きながら、この場所なら集まれるというところを探しましょう。みんなの交通手段を考えてあげることも大事です。電車で来る人には、駅からどうやって目的地に行けばいいのか教えてあげましょう。車で来る人がいれば、なるべく近場の人を拾ってもらうように手配しましょう。みんなが集まりやすくするのも幹事の仕事です。

持ち物

手ぶらでバーベキューをする場合でも、用意したほうがいい持ち物があります。いくつか挙げていきますのでチェックしておきましょう。
1、日焼け止めクリーム
暑い時期に野外でイベントをする場合、日焼け止めを忘れる人が必ず出てきます。1本用意しておくとみんなが助かるかもしれません。
2、蚊取り線香・虫除けスプレー
蚊に刺されながらのバーベキューは楽しくないです。蚊取り線香と虫除けスプレーは必ず用意しましょう。虫を気にせずバーベキューを楽しめます。
3、ビニール袋
ゴミや汚れた紙皿などを入れるのに役立ちます。またビニール袋は服が濡れたり汚れたりした場合、持ち帰る時に重宝します。何枚あっても困ることはないので必ず複数枚は用意しておきましょう。

バーベキューが成功した時の喜びは人一倍

バーベキューの幹事になった場合、苦労することもたくさんあると思いますが、バーベキューでみんなの笑顔が見られた時の喜びも人一倍です。

バーベキューを実際に企画する

ウーマン

バーベキューを企画する際のポイント

バーベキューを企画するのは、慣れていない人にとっては中々大変な作業かもしれません。バーベキューを企画する際の注意ポイントなどについて詳しく記載しています。これからバーベキューを企画したいという方は是非参考にしてください。

READ MORE
広告募集中